ETCカードというのは、ETCシステムを使って高速道路などの有料道路を通行する際に使用するものです。通行料金を精算するために必要なICカードで、クレジットカード会社が発行しているクレジットカードが一般的です。

ETCクレジットカード

ETCカードには種類が幾つかあり、そのうちの1つが、クレジットカード会社が発行しているETCクレジットカードです。ETCクレジットカードは、更に、ETCシステムを利用することに特化したETC専用カードと、一般的なクレジットカード機能にETCカードとしての機能が加わった一体型ETCカードに更に分かれます。ETC専用カードの場合は、有料道路のETCによる通行料金精算のみしか利用することはできず、クレジットカード会社発行とはいえ、ショッピングなど通常のクレジットカードの機能は付いていません。大抵の場合、ETC専用カードを所有するためには、一般のクレジットカードを所有しなければならない…としているクレジットカード会社が多いです。つまり、ETC専用カードのみを発行してもらうことはできないということですよね。

一方、一体型ETCカードの場合は、一般的なクレジットカード機能も付いていますので、ショッピングなどで利用することも可能となっています。

ETC専用カードと一体型ETCカード、いずれもクレジットカード会社によっては、年会費が必要となる場合もあります。また、ETCカードは、クレジットカードと同じ機能を持っているため、ETC専用カードであっても、申込時にクレジットカード会社による審査が行われます。既にクレジットカードを所有している場合は、追加でETCカードを作る際に審査は行わずに済むことが多いようですけどね。もちろん、クレジットカード会社によって異なりますので、事前に確認をしてください。

ETC専用カードと一体型ETCカード、どちらが良いか…というのは、これはもう利用する方によりますよね。もちろんどちらも、それぞれにメリット・デメリットが存在します。ETC専用カードの場合、メリットは、ETCを用いた通行料金の精算でしか使用することができないため、万が一、ETCカードが紛失したり盗難にあった場合であっても、被害を最小限におさえることができる…という点ではないでしょうか。当然、自動車に設置してある車載器に、ずっとETCカードを挿入しっぱなし…という状況は避ける必要がありますが、有料道路を利用する以外は車載器からETCカードを抜き取っているとしても、紛失したり盗難にあったりすることはない…とは言いきれませんよね。また、自分の子供にETCカードを貸した場合でも、有料道路でしか利用することができませんから、ショッピングやサービスの利用など、その他の目的でクレジットカードが使用される心配もありません(ただし、ETCカードによっては、カードの名義本人でしか利用することができない場合もありますので注意してください)逆にデメリットには、ETC専用カードは、一般的なクレジットカードを所有していなければ作れないことが多いため、2枚のカードを持たなければならない…ということでしょうか。そして、一体型ETCカードの場合は、ETC専用カードのメリット・デメリットの真逆ですよね。メリットは、1枚のカードにETCカードとクレジットカードの2つの機能が付いているため、複数のカードを持つ必要がないこと。デメリットは、もし紛失したり、盗難にあった場合、クレジットカード機能が付いていますから、被害にあう金額が大きくなる可能性がある…ということになります。

このETCクレジットカードは、各クレジットカード会社から発行されていますので、どのクレジットカード会社のETCクレジットカードを選べば良いのか悩む方は多いかと思います。当然、年会費が必要なETCクレジットカードもあれば、年会費無料のETCクレジットカードもあり、これだけ見れば、年会費無料の方がお得な感じがしますよね。しかし、それに付帯されているサービスもしっかりと把握しておかなくてはなりません。トータル的に見て、例え年会費が必要だとしても、年会費を支払う以上の大きくお得なサービスを受けられるのであれば、そのETCクレジットカードを使用したいですよね。逆に、サービスが期待できないのであれば、年会費を支払うのはバカバカしくなります。年会費の有無だけではなく、様々なサービスもしっかり理解し、比較することが、ETCクレジットカードを選ぶ際にはとても大切なこととなります。

ちなみに、よく見られるETCクレジットカードのサービスは、(もちろんクレジットカード会社によって差はあるものの)ガソリン給油割引・ショッピング時の割引・即日発行・携帯電話料金がお得になる・航空マイルを貯めることができる…などが挙げられます。ガソリン給油割引というのは、自動車を運転するうえで重視したい点ですよね。ガソリン給油割引のあるETCクレジットカードでガソリンを購入することで、通常時よりもお得にガソリンを給油することが可能となります。使用している自動車の大きさや種類にもよりますが、ガソリンは決して安いわけではありませんし、例え少しでも安く給油したいと思うのは当然のことです。例え1リットルあたり1円~2円の割引でも、正にチリも積もれば山となる…で、1ヶ月・半年・1年…と長い目で見ると、かなり節約になるものです。頻繁に自動車を利用する方であれば尚更ですよね。出光カードまいどプラス・エネオスカード・イオンコスモ石油カード…など、石油会社系列のETCクレジットカードは、ガソリン給油割引が付帯されているものが多いですよ。

ショッピング時の割引というのは、ETCカードとして利用するだけでなく、普段のショッピングやサービスを受ける時でも割引があったり、付与されるポイントが通常時よりも多く獲得できたり…といった特典のあるETCカードのことを言います。イオンカードやセブンカードなど、ネットショップ系列や流通系のETCクレジットカードは、大抵の場合がこれに該当します。もちろん、その企業によって対象となるショップや店舗は異なりますので、事前に必ずチェックしてください。

即日発行というのは、出来るだけ早くETCカードを手に入れたいという方にピッタリのETCクレジットカードです。ETCを利用して有料道路を利用する予定があるため、出来るだけ早くETCカードを作りたい。お得な特典などは二の次で良い…という方は、即日・翌日発行可能なETCカードが便利ですよ。もちろん審査はありますが、通常時よりも早く発行してもらうことができます。セゾンカード・インターナショナルや、三菱UFJニコス・MUFGカード・ゴールドなどが、それに該当します。

携帯電話料金がお得になるというのは、携帯電話やスマートフォンの利用料金を少しでも安くすることができるタイプのETCクレジットカードです。auじぶんカードやソフトバンクカード、NTTグループ・クレジットカードなど、携帯電話会社と提携して発行されているETCクレジットカードがこれに当てはまりますが、貯まったポイントを携帯電話の利用料金に充てることが可能だったり、携帯電話の利用料金の支払い分に限りポイントを多く獲得することができたり…といった特典があります。

航空マイルを貯めることができるというのは、ETCカードの利用や、普段のショッピング等の利用額に応じて、JALやANAのマイルを貯めることができるETCクレジットカードです。ANA JCBカードやJALカードなど、航空会社が発行しているETCカードはこれに当てはまることが多いですよ。出張や旅行など、飛行機を利用することが多い方などは、このタイプのETCクレジットカードがお得です。

また、ETCクレジットカードには、個人向けのETCクレジットカードだけでなく、法人向け・個人事業主向けのETCクレジットカードも存在します。この場合、発行枚数に制限がないことが多いので(発行枚数に制限はあるものの、複数枚の発行が可能…という場合もあります)会社や企業などが所有している車両1台ずつにETCカードを発行することも可能となりますよ。法人向け・個人事業主向けのETCクレジットカードを取り扱っている会社は多いですが、なかでも協同組合が発行している法人ETCカードの場合、ETCカードにクレジットカードの機能が付いていないもの…つまり、ETC専用カードが発行されることになりますので、社員やスタッフが勝手にクレジットカード機能を利用して商品を購入するような心配もありません。