クレジットカードとは・・・

クレジットカードは、クレジットカードを発行している企業や母体によって複数の系列に分かれています。現在存在している主なクレジットカードの系列には、銀行もしくは銀行の子会社などが発行している銀行系クレジットカード。三菱UFJフィナンシャルグループの子会社である三菱UFJニコス・三井住友フィナンシャルグループの子会社であるSMFGカード&クレジットカードの更に子会社である三井住友カード、そして銀行系クレジットカードには分類されていないJCBカード…などが該当する国内系クレジットカード。大手信販会社や、地方に基盤を置いてる、割賦販売や個クレジットカードでの購入を意味する販売信用を事業とした信販会社が発行している信販系クレジットカード。百貨店・スーパー・デパート・専門店…などの流通業者が顧客の組織化や固定化を目的として自社グループ内での利用を主として発行する流通系クレジットカード。メーカー系割賦販売会社やメーカー系金融会社が発行しているメーカー系クレジットカード。中小商店によって組織されたクレジット事業を行うための組合組織(中小小売団体)が発行している小中小売商団体系クレジットカード。石油会社が、ガソリンスタンド用での利用を主として発行している石油系クレジットカード。鉄道会社やそのグループ会社と連携して発行し、流通系クレジットカードとしての機能も備えている交通系クレジットカード…などがあります。

このうち、銀行系クレジットカードとは異なり、銀行本体が発行しているクレジットカードは本体発行クレジットカードに属しますので、銀行系クレジットカードとは分類が異なっています。この場合は、クレジットカードの発行母体となっている銀行そのものが大手クレジットカード会社のフランチャイジーとなっているか、VISAへ加盟して発行していることが多いようです。国内系クレジットカードでは、みずほ銀行の関連会社発行のUCカードの場合、自社でUCカードを発行するのではなく、三井住友カードを始めとしたVISAに加盟してクレジットカードを発行しているところが主となっています。そして銀行系クレジットカード以外と提携しているりそなカードや静銀セゾンカードは、セゾンと提携しています。信販系クレジットカードの場合、他にも日専連・エヌシー日商連などに加盟している事業共同組合も信販系クレジットカードに該当することがあります。

それぞれに魅力や特徴がありますので、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶことが大切です。例えば、流通系クレジットカードは、カードのポイントが優遇的に付与されたり、即日で仮カードが発行されたり、定期的にクレジットカードを利用することで割引を受けることができたり…といった魅力があるので、主婦を中心に高い人気があります。また、流通系クレジットカードでは、ICカード乗車券との連携も最近は図られている他、クレジットカード加盟店でのショッピングにも使用することができるPiTaPaやSuicaなどが、若い世代で人気となっています。

そして、クレジットカードには、複数の系列以外にも、目的に応じた複数の種類が存在します。現在存在する主なクレジットカードの種類を簡単に挙げていくと、18歳以上の大学生・大学院生・専門学校生を対象に発行される学生カード。既にクレジットカードを所持している者を親とし、原則として家族や、同居している配偶者・18歳以上(高校生以上)の子供・退職後の両親…が使用することを目的とした追加カード。高速道路の通行料金を支払うETCシステムを利用するために発行するETCカード。あらかじめ支払い方法が指定されているリボルビング払専用クレジットカード・分割払専用クレジットカード・ボーナス払専用クレジットカード…などがあります。

更に、クレジットカードの種類…というよりはグレードといった方が意味としては近いかもしれませんが、一般カード・ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードなどがあり、それぞれクレジットカードによって、利用限度額・年会費・受けることができるサービス内容…などが異なっています。グレードの高さは、一般カード→ゴールドカード→プラチナカード→ブラックカードの順番で高くなっていきます。

カテゴリー

新着記事

Copyright © 2011-2015 クレジットカードCafe おすすめのクレカや法人カードを紹介 All rights reserved