ETCクレジットカード、そしてETCコーポレートカード以外にも、ETCカードには、ETCパーソナルカードというものも存在しています。このETCパーソナルカードというのは、東日本高速道路株式会社・中日本...

ETCパーソナルカード

ETCクレジットカード、そしてETCコーポレートカード以外にも、ETCカードには、ETCパーソナルカードというものも存在しています。このETCパーソナルカードというのは、東日本高速道路株式会社・中日本高速道路株式会社・西日本高速道路株式会社・首都高速道路株式会社・阪神高速道路株式会社・本州四国連絡高速道路株式会社…の6会社が共同で発行しているETC専用カードのことを言います。ETC専用カードということからもわかる通り、ETCパーソナルカードは、クレジット機能が付いておらず、有料道路の料金精算のみの機能しか付いていません。「ETCカードを持ちたいけれど、クレジットカードは持ちたくない」「事情があってクレジットカードを持つことができない」という方には、このETCパーソナルカードはピッタリなのではないでしょうか。

ETCパーソナルカードは、本人名義の郵便局口座に、デボジットと呼ばれる保証金を預託しておき、そしてETCパーソナルカードを使って利用した高速道路などの有料道路通行料金が、1ヶ月単位で引き落とされる…というものなんですね。なお、保証金は、ETCパーソナルカードを発行する際に必要なものですから、預託した保証金から通行料金が引き落とされる…というような前払金ではありません。つまり、保証金と毎月の支払いは別途ということですね。ちなみに、預託する保証金は、利用する人によって異なります。きちんとした計算方法が存在しています。その方法というのは、毎月の有料道路の利用金額の平均を見込みでも構わないので出し、そして1年間で有料道路を最も多く利用する月の金額を出します。次に、始めに出した月平均額を5,000円単位で切り上げた金額(1万円未満である場合は1万円)を4倍した金額と、次の年間最高利用額を2万円で切り上げた金額を比較し、いずれか高い金額が保証金となるのです。例えば、毎月の平均利用額の見込みが4,800円で、1年間で最も多く利用する月の利用金額が33,000円だとします。すると、毎月の平均利用金額が1万円未満ですので、1万円として計算し、その4倍ですから40,000円となります。1年間のうち最も多く利用する月が33,000円ですが、2万円単位で切り上げしますので50,000円。40,000円と50,000円とでは50,000円の方が当然高い金額ですから、50,000円が保証金となる…ということですね。

ちなみに、このETCパーソナルカードは、年会費として1枚につき税込1,200円が必要です。ETCパーソナルカードを申込む場合は、高速道路などの有料道路にあるサービスエリア等に設置されている申込書に必要事項を記入し、ETCパーソナルカード登録受付へ郵送するだけです。保証金振込以来が郵送されてきますので、郵便局で手続きを行えば、後日、ETCパーソナルカードが届きます。

なお、このETCパーソナルカードは、ETCマイレージサービス・深夜割引・通勤割引・早朝夜間割引…など、クレジットカード会社発行のETCクレジットカードを利用した場合と同じ割引を受けることができます。そういう意味では、ETCコーポレートカードよりも使いやすく、お得かもしれませんね。